仕事

妊婦でもできる在宅ワークおすすめの仕事28選!妊娠中に内職したい人必見!

妊婦 在宅 ワーク おすすめ

妊娠したので、仕事を辞めてしまうママは多いですが、落ち着くと「やっぱり何か仕事したいな」「少しでも収入があればいいな」と考えてしまいますよね。

確かに子供が産まれたら仕事はなかなかできませんし、子育てはお金が掛かります。

出産費用も戻ってきますが、先払いですよね。

 

そのため産まれるまでの期間、ちょっとでも働きたいと思うのは自然なこと。

でもぶち当たるのが、妊婦さんだと仕事が見つからない壁。

あるのはあるのですが、採用が決まらないなどの問題があります。

 

そんな時に力強い味方になる仕事が、在宅ワークや内職。

では妊婦さんにおすすめな在宅ワークや内職は、一体どんなものがあるのでしょうか?

稼げる金額と共に、おすすめの仕事を紹介します。

妊婦さんにおすすめの在宅ワークの種類

妊婦 在宅 ワーク おすすめ在宅ワークは大きくワケて3つあります。

在宅ワークの種類
  1. 在宅ワーク
  2. 内職
  3. ネットビジネス

まずは簡単な違いをみてください。

1ヶ月の収入 1日の仕事時間 仕事の数
在宅ワーク 1万~5万 3~5時間 多いが競争も激しい
内職 1万~3万 6~8時間 あるが見つけにくい
ネットビジネス 0円~上限なし 自由 多い

在宅ワークは仕事の内容によっても違いますが、1ヶ月に1日3時間ほどで約5万円ほどを稼ぐ人が多め。

しかし内職は倍の6~8時間作業をして、やっと3万ほど稼げるのが現状です。

 

ネットビジネスは、求人がなく個人が色々な方法で収入を得ていく仕事ですが、どれだけやっても全く稼げない人もいれば、月に100万以上を稼ぐ人もいて、差がかなり激しい世界です。

そのため、どれだけ稼ぎたいのか?時間はどのくらい取れるのか?出産後も続けたいのか?など考えながら、どの在宅ワークをするのか?を決めてみてください。

 

ではそれぞれの仕事内容や働き方のメリットデメリットを見ていきますね^^

在宅ワーク

妊婦 在宅 ワーク おすすめ在宅ワークは、10年ほど前にパソコンが普及した頃から、段々と増えて来た仕事です。

今ではスマホを使ってできる仕事が増えたため、更にやりやすく仕事もかなり増えました。

ではまずメリットデメリットから、チェックしていきますね。

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリットは、下記のように家で仕事ができ、時間が自由という点が最大のメリットです。

在宅ワークメリット
  1. 時間が自由
  2. 家でできる
  3. 仕事内容が選べること
  4. スキルUPできる

そしてデメリットは慣れるまで単価が低い、人気の仕事はすぐなくなってしまう所。

在宅ワークは初めの内、慣れずに時間が掛かりますが、慣れると短時間でこなせ、パソコンスキルがUPし腕も上がれば、収入が増える所も魅力です。

 

反面、すぐにできると思っていたのに、やってみたら解らず時間が掛かり徹夜…。

仕事は沢山あるけれど、人気の仕事は直ぐに埋まってしまいできる仕事がない…。

セキュリティーソフトが必要なので購入した….。など。

今日中にやらなきゃいけないのに用事ができた、土日はパパがいて仕事すると嫌な顔をするなど、やってから発生する問題も沢山あります。

 

慣れない内は解らないことも沢山ありますが、まずはやってみることが大切です。

その内、この仕事は合う合わないなどが見えてきますよ。

妊婦さんおすすめ|在宅ワークの種類

妊娠 中 内職 したいそんな中でも、妊婦さんが無理なくできそうな初心者向けの仕事はこちらです。

在宅ワーク初心者におすすめの仕事
  1. リサーチャー
  2. データ入力
  3. ライティング業務(簡単なもの)
  4. 電話・チャット対応
  5. 添削
  6. サイト運営手伝い

ネットで情報を集めてまとめるリサーチャーや、エクセルなどにデータを打ち込むデータ入力、経験談などを書く簡単な記事作成、家でコールセンターの様な応対代行をする仕事や、試験の添削など、継続ではなく1回キリで終わるものがまずはおすすめです。

そして元々下記のような経験がある人は、最初から高収入の仕事が狙える可能性が高くなります。

経験あると高収入になる在宅ワークの仕事
  1. WEBデザイナー
  2. イラストレーター
  3. 各デザイナー
  4. SE
  5. プログラマー
  6. 事務・秘書
  7. コピーライター
  8. サイト作成
  9. DTP
  10. CAD製図
  11. 翻訳

これらの経験がある人は、高収入の仕事がありますが、期間が長期になる、納期がある、1日の仕事時間が長いなど、妊娠中だとしんどい場合もありますので、上記のような簡単なものにしておいてもいいかも。

慣れない内は稼ぎにくいですが、1日3~5時間で1ヶ月平均5万ほど稼いでいる人が多いのがこの様な種類の在宅ワークです。

どうしてもお金が必要なら

どうしてもお金が必要な時ってありますよね。

そんな時に○ヶ月だけと割り切って、チャットレディーの仕事をすることも在宅だと可能です。

ただ旦那さんがどう思うか?賛成するかなどの問題はありますが、家で働きながら収入を得る仕事の中で、チャットレディーはかなり高額です。

大手の安心してできるサイトを載せておきますが、サイトによって稼ぎやすい、相性などもありますので、やりながら変えていく、同時待機しておくなど対策を取ってくださいね。

ライブでゴーゴー 業界では珍しい完全ノンアダルトのサイト
VI-VO メールだけでもOK、簡単登録ですぐ仕事開始ができるサイト
ガールズチャット スマホや携帯で話すだけ、メールのみもOKなサイト

あまりおすすめはできませんが、どうしてもお金がいる場合は使えます。

内職

妊娠 中 内職 したい外で働けないし「内職なら家でできるかな」と思い実際にやってみると、時間はスゴイ掛かるのに時給換算すると100円…なんてことがあるのが内職の現実です。

内職は外で働いた事がある人にとっては、思った以上にしんどくて稼げないというのがホンネ

ではまずメリットとデメリットをみていきますね。

内職のメリット・デメリット

内職のメリットは、在宅ワークと似ていますが、やはり家で仕事ができ時間の自由があることが最大の魅力です。

内職のメリット
  1. 時間が自由
  2. 家で仕事ができる
  3. 道具は業者が用意

そしてデメリットですが、一番はなんといっても安いこと。

内職を時給に換算すると大体200円~300円程度が一般的..凹みます。

内職は手作業の加工などが主な仕事なので、将来子供が大きくなり事務系の仕事に就きたい場合は、経験があなたの強みにならないのがイタイ所。

また内職はペット禁止、タバコ禁止、荷物を取りに来てくれる人、長期出来る人などの規制がある所が増えました。

 

更にネットで簡単応募!などではなく、業者を探して電話して、現地に行って話しを聞いて…など業者を見つけにくいというデメリットもあります。

そのため外で働けないし、安くってもいい!、暇だし経験なんかも気にしない、という人に内職はおすすめです。

妊婦さんおすすめ|内職の種類

妊娠 中 内職 したい内職の仕事の種類は、結構ありますが、大きく分けると下記のような分類ができます。

内職の種類
  1. 袋詰め
  2. 値札つけ
  3. 検品
  4. シール貼り
  5. ミシン・裁縫
  6. 宛名書き
  7. 電子部品加工
  8. 商品組立・製作

その中でも妊娠中におすすめは、こんな仕事。

おすすめの内職
  1. 値札つけ
  2. ガチャガチャ詰め
  3. 100均商品の袋詰め
  4. ダイレクトメール封入(テッシュ広告入れ)
  5. ビーズ系(加工)
  6. シール貼り

シール貼りは人気ですが、単価が0.1円と安い事が多いのと、物によっては貼りにくい、曲がるとダメ出しくらうなど、結構神経を使います。

きれいに仕上げるのは必須ですが、ある程度の出来でも、そこまでダメ出しされない仕事の方が、妊娠中は精神的に楽です。

 

ビーズのデコレーション加工などは、好きな人にはおすすめで、かなり高単価の内職になっています。

他には匂いがしないもの(つわりの時期など)、軽いものなどを選んでおくと安心ですよ^^

ネットビジネス

妊娠 中でも できる 仕事ネットが普及した1990年代からあったビジネスですが、スマホ時代、副業OK、不景気のあおりを受け、かなり熱いのがネットビジネス。

怪しい!と思ってしまいますが、安全なものを紹介しますので、まずはメリットデメリットをみていきます。

ネットビジネスのメリット・デメリット

ネットビジネスのメリットは、自宅でできる上に、稼げる様になると起業などもできる、収入に天井がない所です。

ネットビジネスのメリット
  1. 起業が目指せる
  2. 収入は青天井
  3. 仕事する時間や場所は自由

そしてデメリットですが、すべて自分で必要なものを用意しなればならないこと、収入は頑張っても0のこともあり得ることです。

しかし趣味や特技なども活かせるので、コツコツ続けていけば少しずつ収入になることも多いのも事実。

主婦などがコツコツやっているうちに、気付いたら○十万収入があったなども良くある話です。

ではどんな仕事があるのかみてみますね。

ネットビジネスの仕事

妊娠 中でも できる 仕事ネットビジネスは結構多く、ネットを使って個人的にビジネスを行い収入を得ることです。

趣味を生かしたり、最近では自分自身が持っている経験などを売るなんてことも普通になりました。

おすすめのネットビジネス
  1. せどり
  2. アフィリエイト
  3. ネットで不用品を売る
  4. ブロガー
  5. ユーチューバー
  6. 漫画作成
  7. 占い
  8. 自分の作品を販売(写真・アクセなど)
  9. 自分のスキルを販売
  10. ネット声優
  11. シナリオを書く
  12. オンライン講師
  13. ラインスタンプ販売
  14. 簡単なイラスト作成
  15. 家事や料理、家の整理の手伝い
  16. 英会話

また自分のスキルや商品、趣味特技も、専用のサイトに紹介するだけで、気に入った人が購入してくれるなど、集客も専用サイトで行えば、意外に簡単で誰でもできるようになっています。

例えばこんなサイトなどで、あなたの趣味や特技を生かしたビジネスが可能になっています。

ココナラ 「あなたの得意」を簡単出品。大手で安心、利用者も多いサイト
メンタ! 教えたい!知りたい!を繋ぐサイト

ネットビジネスで、ドカン!と稼ぐ場合は少し勉強もいりますが、個人がネットを使って色々な仕事のチャンスが持てる時代になっているのは確かです。

楽しんでやるなら

個人的に楽しんで収入を得たいなら、下記のことも収入源になります。

楽しんで収入を得るなら
  1. モニター
  2. アンケート
  3. ポイントサイト
  4. 覆面調査
  5. デイトレーダー、投資

デイトレーダーや投資は、仕事ともいえるかも知れませんが、個人の自己責任で行う博打にも似ているので勉強と注意が必要です。

またモニターやアンケートに答えて謝礼を貰ったり、ポイントサイトでポイントを溜めたり、覆面調査に協力して謝礼を貰うことも、ネットを使えば簡単にできるようになりました。

 

今は昔に比べ外に働きにいかなくても、考え方1つでパソコンやスマホで仕事に繋がる時代です。

 

妊娠中も出産後も、当分働きに行けない人が多くなりますが、この様なサービスを利用して違う働き方を見つけてみるもの、悪くはないのでは?と思っています。

ただ、在宅ワークなどは詐欺などが多い職種ですので、その点はしっかり安心できるサイトを通じてのやり取りをしてくださいね。

まとめ

妊婦さんでもできる在宅ワークは、スキルに応じて数は変わりますが、思った以上に仕事はあるものです。

おすすめ以外にも仕事の種類はありますので、これならできそうを増やしてください。

 

在宅ワーク、内職、ネットビジネスと3つ種類はありますが、どんな働き方をしたいのか、どれだけ稼ぎたいのかを考えて、あなたに合ったものを見つけることがポイントです。

何でもいいやと思うと、しんどくてやめてしまう事に繋がります。

 

妊娠中はいつもより体調の変化が大きいです。

決して無理はしないようにしてくださいね。

 

今回も読んでい頂いてありがとうございました。

関連記事