仕事

在宅ワークに有利な資格33選!主婦が家でできる仕事にも大活用!

在宅 ワーク 資格

在宅ワークをする際に、資格がなくてもできる仕事は多いです。

しかし在宅ワークで仕事をするなら、資格は持っておくことをおすすめします。

 

なぜなら在宅ワークは、相手が見えない中でのやり取りが多いですよね。

そんな中で資格があれば、あなたの実績はよく解らなくても、信頼感を与える肩書きになるからです。

また多くの在宅ワーカーの中から選んで貰える1つの目安になります。

 

では、どんな資格が活かせるのかを紹介していきます。

在宅ワーク|有利な資格 初心者編

在宅 ワーク 資格初めて在宅ワークの仕事をする場合は、どんな仕事なのか?不安ですよね。

パソコンに慣れているなら良いですが、不慣れな場合は知識がないと、仕事が終わるまでに倍以上の時間が掛かります。

そのため、時間給に換算すると100円くらいになることも。

 

在宅ワークでは、数をこなすほど実力が認められます。

効率よく仕事をし、順調に仕事も増やすために有利な資格が初心者向けの資格です。

MOS

mos 在宅 ワークMOSはマイクロソフトスペシャリストの略で、WordやExcelの能力を証明してくれるパソコンの資格です。

エクセルやワードを使えない場合は、使い方を覚え、仕事の効率を上げることができます。

 

在宅ワークでは、どれだけあなたにスキルがあっても、それをどう証明するかが難しいですよね。

また事務系の仕事に就く場合に、持っていると「エクセルやワードはできる」という判断基準にもなります。

 

そのためパソコン初心者やエクセルやワードって何?という場合は、取っておくといい資格です。

MOSの資格が役立つ在宅ワーク
  • データ入力
  • 資料作成
  • 在宅事務
  • 在宅秘書
  • 在宅経理

資料請求してみる

P検ICTプロフィシエンシー検定試験

P検はコンピューター知識とタイピング、などパソコン知識を問われる資格です。

そのため就職には直結しませんが、勉強することでパソコンに詳しくなり仕事がはかどるメリットがあります。

在宅ワークをしたいけれど、パソコンが苦手な場合におすすめです。

WEBライティング技能検定

在宅 ワーク 資格ライティングは在宅ワークの中でも仕事の数が多く、資格がなくてもできる仕事。

ライタとしてのスキルを上げれば、サイト作成などもできるようになり、他の収入源も確保できるようになります。

 

またWEBライティング技能検定を持っていれば、サグーワークスランサーズライティングの仕事をする際に優遇があります

 

しかし受験するには、通信講座を受けなければならず、以下の費用が必要です。

  • 受講料32,000円
  • 試験料6,000円
  • 合格証発行料3,000円

合計41,000円が必要になるのがデメリット

試験だけ受けることができません(簡単だからかな…)

 

しかしライティング技能はこの資格だけでは足らず、仕事をしながらもっと磨かなければなりません。

 

安ければおすすめしますが、講座受講が必須で金額が高いため、おすすめするか迷う資格です。

 

ライティングは何回もこなし、実力をつければ資格は必要ありません。

もし今のスキルを測りたいなら、サグーワークスが行っている、プラチナライターの試験を受ければ実力が解ります。

無料のテストですし、何度受けてもOKなので、こちらは今のスキルを知るにはおすすめです。

ライティングスキルを試すなら!

サグーワークスでライティングスキルを試してみる

また、ライティングの知識があればできる在宅ワークはこちら。

資格が役立つ在宅ワーク
  • ライティング
  • WEBライター
  • ネーミング

校正技能検定

在宅 ワーク 有利 資格校正技能検定は資格を取ることで、未経験でも仕事を斡旋して貰いやすくなります

資格は初級、中級、上級とあり、中級があれば、転職にも強いです。

 

印刷会社や出版会社、校正の専門会社などの求人に強くなり、在宅以外でも仕事を探せるためおすすめ。

校正技能検定の資格が役立つ在宅ワーク
  • 校正

資料請求はこちら

テープ起こし技術者資格

在宅 ワーク 資格テープ起こしは資格がなくてもできる仕事です。

しかし初心者の場合、持っていると仕事に結びつきやすい、仕事のイメージが解るのでおすすめ。

文字起こしは、誰でもできる簡単な仕事と思われがちですが、実際は高い文章力、扱う分野の語彙力などが必要な難しい仕事。

そのため資格を取った後も、工夫や勉強は常に必要です。

 

初めての仕事でやり方やコツが解らない!無理!という場合に役立ちます。

テープ起こし技術者の資格が役立つ在宅ワーク
  • テープ起こし
  • データ入力

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は、情報をリサーチし、市場動向などを調査するマーケティングに使える資格

持っていなくても仕事はできますが、データ収集をする際に、内容の濃いデータを提出でき、継続で仕事が貰える可能性も。

資格が役立つ在宅ワーク
  • 調査・分析
  • リサーチ

在宅ワーク|有利な資格 経験者編

在宅 ワーク 有利 資格在宅ワークは家でパソコンを使い、仕事が出来るようになったことで始まりました。

そのためパソコンやメール、チャットがあればできる職業は、在宅ワークが成り立ちます

例えばWEB系やSE、プログラマーなどIT系の分野です。

 

ただWEB系やIT系の在宅ワークは単価が高い分、経験やスキルがないとできないのが現状。

この先、この分野で在宅ワークを考えている場合は、一度仕事を経験し、コネや人脈を確保してから在宅に変更すると◎

 

更にフリーで働く場合、資格があれば強みになり、集客や仕事の受注も取りやすくなります。

DTP検定・DTPエキスパート

在宅 ワーク 資格DTP検定とDTPエキスパートの違いを大まかにいうと、検定は初心者向き、エキスパートは経験者向きです。

DTP検定 これからこの業界に入りたい人向き
DTPエキスパート 実際に働いていてスキルUPしたい人向き

DTPは紙面のレイアウトを行う仕事で、出版社、広告代理店、印刷会社などからのオファーが多い仕事

経験を積めば、フリーの道も期待できます。

 

未経験では厳しいため、しっかり経験を積み、現場でしか覚えられないことを吸収しておく必要があります。

またDTPは、印刷や出版業界などでも求人が多いので、仕事に困らないのも魅力。

雑誌やカタログなどは無くなりませんしね^^

 

営業でプレゼンなどをする際にも、役立つ資格です。

DTP検定の資格が役立つ在宅ワーク
  • チラシ・看板作成
  • デザインイラスト制作
  • POP作成
  • DTP

ウェブデザイン技能検定 他WEB系3つ

在宅 ワーク 有利 資格Web業界は資格がなくても仕事はできますが、その分実務経験とデザイン力は必要です。

その中でもウェブデザイン技能検定は、サイト制作のスキルを証明するための国家資格。1級は実務経験も必要です。

この他にも似たような資格は、以下のようなものがあります。

Webデザイナー検定 コンセプトからウェブ制作の知識を問うための試験
Webクリエイター能力認定試験 Webページ制作のコーディング、デザインなどサイト構築の資格
アドビ認定エキスパート アドビのソフトを、どれだけ使いこなせるかの認定資格

Webデザイナー検定は、コンセプトやWEB制作を問われる試験で、ウェブデザイン技能検定と並び人気の資格。

Webクリエイター能力認定試験は、主にXHTMLやCSSの理解や制作の知識がメインの試験です。

 

在宅ワーカーで生きていく場合、必要な資格を持ち、経験豊富なら思った以上に仕事は見つかります

そのためにはまず経験を積み、仕事を回して貰えるコネや人脈をつけておくことが成功のカギです。

WEB系の資格が役立つ在宅ワーク
  • WEBサイト制作
  • ロゴ制作
  • サイト集客・運用・更新
  • イラスト・デザイン制作
  • バナー・アイコン制作

基本情報技術者試験 他17

在宅 ワーク 資格プログラマーやSEも経験があれば、資格不要で仕事ができます。

しかしコミュニケーション能力や問題解決能力も必要な業種で、フリーなら資格はやはり欲しい所。

 

プログラマーはコンピュータを動かす「プログラム言語」を用いて仕事をします。

そのため言語系の資格は、プログラムを組めるスキルの証です。

そんなプログラマーの中で、人気の資格はこちら。

ITパスポート試験 情報処理の基礎的な知識
基本情報技術者試験 IT技術者の定番国家資格。基礎と実践の知識が求められる
応用情報技術試験 情報処理の高度な知識が求められる国家資格
PHP技術者認定初級試験 オープンソースの汎用スクリプト言語の資格
Ruby技術者認定試験 Rubyベースのシステムを設計、開発、運用する資格
C言語プログラミング能力認定試験 C言語を用いたプログラミング能力を認定試験
Oracle 認定javaプログラマ Javaの知識と技能をレベル別に認定するベンダー試験

次にSEですが、顧客にヒアリングを行い、希望のシステムを設計、プログラマーに指示しチームをまとめ完成させていく仕事です。

そのため関わる仕事により、取得するスキルや資格が違いますが、基礎をベースにステップUPする人が多いです。

在宅 ワーク 資格参考:IPA

また資格は、国家資格とベンダー資格の2種類があります。

まずは国家資格からみていきます。

基本情報技術者試験 IT技術者の定番国家資格。基礎と実践の知識が求められる
応用情報技術試験 情報処理の高度な知識が求められる国家資格
ITサービスマネージャ ITサービスをマネジメントする管理能力が求められる試験
情報セキュリティスペシャリスト 情報セキュリティの確保・維持・改善を問う試験
エンベデッドシステムスペシャリスト 組込みシステムの開発工程の中で、開発・実装・テストを実施し指導する能力を問う試験
データベーススペシャリスト データベースの企画・開発・運用・保守の知識を問う試験
プロジェクトマネージャー システム開発プロジェクトの責任者として運営管理を行う試験
システムアーキテクト システムの構造の設計や開発を行う知識を問う試験
システム監査技術者 情報システムを監査するための知識を問う試験

もう一つのベンダー資格とは民間の資格で、企業の製品に対して知識を持っているか?を問われる資格です。

数も多く中には役立たないものもあります。しかし有名な資格は取っておいても損はありません。

例えばこんな資格です。

Linux技術者認定試験 オープンソースOSの1つ
Cisco技術者認定 世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社のOS
Android技術者認定試験 スマホやタブレットのプラットホーム
オラクルマスター 日本オラクル社が定めるデータベース認定試験

CAD利用技術者試験

在宅 ワーク 資格自宅にソフトを入れる必要がありますが、CADオペレータも在宅ワークが可能な仕事です。

扱う分野により知識が必要なことも多く、まずはどこかで経験を積むことをおすすめします。

未経験で在宅ワークに飛び込んでも、ほぼ仕事はありません。

求人でさへ未経験OKと書いてあっても、経験者が入れば負ける世界。

 

バイトでもいいのでまずは経験しながら、コネや人脈を作っておきましょう。

CADの資格が役立つ在宅ワーク
  • CAD製図

JTA公認翻訳専門職資格試験 他1

英語ができる人が増えたとはいえ、まだ英語を話せる人は少ないのが現実。

そのため英語ができる人は、翻訳の在宅ワークが狙い目です。

 

東京オリンピックなどの開催もあり、英語の活用はこれからも伸びる可能性が高い分野

他にもJTFほんやく検定があり、JTA公認翻訳専門職資格試験に比べると優しいのが特徴です。

JTFほんやく検定 1~5級まであり。3級は翻訳士の称号、2級は仕事の斡旋あり。

JTA公認翻訳専門職資格試験はかなり難しいので、まずはJTFほんやく検定の3級、2級を目指し、仕事をしながら上を狙ってください。

翻訳の資格が役立つ在宅ワーク
  • 翻訳
  • 英文のチェック依頼

まとめ

在宅ワークは資格がなくても仕事はできます。

実績があればいいからです。

 

しかし初めて在宅ワークをする場合や開業する場合、いくら実績があろうと、あなたのことを知らない人は「この人大丈夫?」と考えます。

そんな時に役立つのが資格です。

資格はあなたに信頼という肩書きだけでなく、自信や意欲、可能性なども与えてくれます。

 

在宅ワークを望む人は年々増えています。

そうなると仕事の奪い合いになる可能性はかなり高く、そんな時にも資格はあなたを助けてくれます。

一度取ってしまえば、一生あなたの強みになる資格。

 

落ちたって何度でもチャレンジできるので、気軽にやってみてはいかがでしょうか。

関連記事