仕事

迷う!パートと正社員はどちらが得?利点や給与差で後悔しない子育てを

パート 正社員 どちらが 得

子供が小さくても小学生くらいになっても、パートと正社員のどちらで働くか、扶養内で収めた方がいいのか色々な問題があり迷いますよね。

 

女性は子育てや家事をしながら仕事をしなくてはいけない、”子育ても大事”でも”家計も不安”だから収入も欲しいし・・と悩みは大きいです。

 

今回は下記の2つのことを把握し、仕事をするみんなが抱えている悩みをチェックしながらあなたがどうすれば迷わずに選んでいけるのか?を考えていきます。

コレが解ります
  1. 正社員とパートのメリット・デメリット
  2. 年収で働き方を考える
  3. パートと正社員の年収の違い

パートと正社員のどちらで働くかの選択は難しいですが、あなたが良かったと思えるような働き方を見つけてください。

パートと正社員のメリット・デメリット

パート 正社員 どちらが 得パートと正社員ってどっちが私に合ってるの?

パートと正社員のメリット・デメリットを大ざっぱに別けると心と時間に余裕ができるのがパート、収入に余裕ができるのが正社員です。

 

まずパートのメリットは少し子育てに余裕を持ちながら働ける、自分自身にも心やカラダに安心感を持てる、家事などもいちおう面倒ながらもこなすことができるのが大きなメリット。

パートのメリット
  1. 勤務時間が短く毎日でなくてもよい
  2. 残業が少なく出張や転勤もない
  3. 子供の習い事の送り迎えができる
  4. 家に居てあげることができる
  5. 学校行事や参観日に参加できる
  6. 子供が病気の時比較的休みやすい
  7. ご飯の用意などができる
  8. 精神&肉体的に楽、時間の余裕が持てる
  9. 仕事に責任が少ない分らく
  10. 朝と夜など時間を別けて仕事の掛け持ちもできる
  11. 条件があえば社会保険にも加入できる
  12. 介護が必要になっても対応できる時間がとれる
  13. やりたかった業種にパートでなら入れる可能性も
  14. 扶養内で働ける

子供や家族のことを思ってあげたい、とっさの病気や介護にも対応したい、自分も大事にできるるなど、心とカラダの安心感があります。

パートのメリットは心とカラダの安心感が大きいよ
パートのデメリット
  1. 給与が低い
  2. 昇進せずやりがいがない
  3. どこかで正社員との壁がある
  4. 雇用が不安定
  5. 手当・退職金などがない
  6. 保障がなく将来年金も不安
  7. 勤務時間が短いので家族が非協力的
  8. 社会からの信頼性が低い
  9. パートから正社員になるのが難しくなる

そしてデメリットは収入や雇用が不安定、頑張ってもやりがいが少ない、現在も将来も保障が少ない、お金や保障、社会的な立場に関係することがメイン。

同じ様に働いているのに福利厚生が受けられない、退職金はない、クレジットカードなどを作る時や住宅購入時に”パートだから”としてちょっと信頼性が落ちるのは、ほんと腹立たしいことですよね。

パートのデメリットは収入が少ない、雇用不安、社会の信頼性など

コレに対して正社員のメリットはこちら。

正社員のメリット
  1. 雇用が安定している(一応)
  2. ボーナスや退職金制度がある
  3. 福利厚生が受けられる
  4. 各種手当てが付く
  5. 育休や産休が取れる(一応)
  6. 社会的な立場が強い
  7. 社会保険に加入できる
  8. 仕事内容にやりがいがある(一応)
  9. 月収なので休みが多い月など有利
  10. 転職時に有利
  11. 昇給・昇格のチャンスがある
  12. パートよりは給与が高い
  13. 将来貰える年金額が増える

雇用が安定し給与もパートよりは良い、手当や待遇、社会的な信頼が強いなどが主なメリットです。

正社員のメリットは収入の高さや雇用の安定性、各種手当ての充実などが多いよ
正社員のデメリット
  1. 責任が重い
  2. 最近はメリットを感じられない
  3. 転勤・出張がある
  4. 降格・減給もある
  5. 派遣などと比べると時給換算で低い時も
  6. 職場によっては休みにくい
  7. 残業がある
  8. 長期休暇が取りにくい
  9. 付き合いなどが増える

会社の規則に拘束されることが多い、責任が重くてしんどい。最近では以前よりメリットが感じられないなど、給与の代わりに心と体に負担が大きいのがポイントです。

正社員のデメリットは責任の重さ、心とカラダの負担かな

こうしてメリット・デメリットを比較しても女性がいざ働こうと思った時、どうしても子供や家庭のことと収入とが天秤になるので、頭では解っているけれど答えが出しにくく葛藤が生まれます。

そのためパートと正社員のメリット・デメリットがなんとなく解ったら、次はどんな働き方がいいのか?をみていきます。

 

扶養内で働く基準や年収によってどんな働き方がいいのか、どの位の年収で正社員を視野に入れて考えた方がいいのかなどをみてきますね。

子育てしてパート・フルタイム・正社員って迷う!

正社員 パート 迷うパートと正社員どっちで働こう・・結構悩むなぁ

パートか正社員かの悩みで一番多いのが、年収がどのくらいからパートなのか正社員を選んだ方がいいのか?ということ。

次はここを抑えていきます。

まずちらっと図をみてください。順を追って年収ゾーンに対するメリットデメリット、どんな人におすすめか?を説明していきますね。

得られる年収や条件でどの時点まではパートにするか?などが解りますよ。

パート 正社員 どちらが 得 正社員 と パート の 違い 社会 保険

扶養内103万で働く子育て中主婦のメリット・デメリット

まず主婦がパートをする際に考えるのが、聞いたことがある人も多い103万円の壁です。

103万までなら所得税がかからず(100万超えると住民税は掛かります)配偶者控除も受けられる働き方。

大体月の収入が80,000円ほどになるため、夫の会社で扶養手当制度があり、合わせて10万前後になるなら家計に問題ない、自分も余裕が少しあり子供との時間も取れるため、多くの主婦層がこの収入で仕事しています。

扶養手当がある会社の7割は、妻の収入が103万円までの所が多いよ
103万までで抑えるメリット
  1. 所得税が掛からない
  2. 夫の会社から扶養手当が貰える場合が多い
  3. 配偶者控除が受けられる
  4. 健康保険の支払いは不要(国保3号)
  5. 時間的に仕事が楽
  6. 扶養手当があれば合わせて10万程の収入
103万までで抑えるデメリット
  1. 将来貰える年金額が少なくなる
  2. 収入が多くない

103万までだと収入は限られますが、その分楽な面が多いです。そのためこの金額内で働く主婦のパートが多いゾーン。

家計がそこまで厳しくなく、子供との時間が欲しいなと思う場合にはおすすめのパートとしての働き方

年収106万で社保加入条件がある人のメリット・デメリット

年収が106万で501人以上の大きな会社に務めている、これから務めるか迷っている場合は、社会保険加入が条件になるので、ここをどう考えるかがポイントに。

今まではあなたの年収が103万以上の場合は夫の配偶者控除が無くなり、130万円を超えるまでは社会保険に加入しなくてもOKでした。

しかし2016年10月以降から以下の条件に当てはまる場合は、パートでも社会保険に加入しなければならないことに。

106万での社保加入条件
  1. 週20時間以上勤務している
  2. 勤続期間1年以上
  3. 従業員が501人以上の企業である
  4. 月額88000円以上

そして2018年1月より年収が103万円~150万円までだと、配偶者控除と同じ配偶者特別控除が適用されることになりました。

2018年から103万円までしか貰えなかった配偶者控除と同じ扱いになったよ

そのためメリットとデメリットはこんな感じ。

106万で社保ありのメリット
  1. 配偶者特別控除が受けられる
  2. 年金の貰える金額が増える
  3. 時間的に仕事が楽
  4. 大手企業で正社員になれるなどの制度が整っている
  5. 夫が国保の場合は別保険
106万で社保ありのデメリット
  1. 社会保険料が給与から引かれ収入ダウン
  2. 夫の扶養から外れる
  3. 夫の扶養手当がなくなることも

このような感じで社会保険を引かれても、大手企業なので制度が整っており正社員になれやすい、今後就業時間を増やして貰える、夫が国保で将来に不安があるなどの場合はおすすめです。

ただ手取りが103万円の扶養内よりも減ってしまうので、将来性などをしっかり考えて、今はまだそこまで家計に負担はなく、この先の働く上で会社環境や制度がいい場合におすすめ。

パートでも大手企業で将来的に正社員登用やフルタイム勤務など、制度や条件がいい場合はいいよね
年収が106万なら基本パートになるかな。先を考えて企業を選ぶ場合にはいいかも

年収130万以下で社保加入なしのメリット・デメリット

あなたの年収が103万以上130万以下で社会保険が掛からない条件で働いている場合は、2018年から始まった配偶者特別控除が受けられるようになりましたので、下記のような人におすすめです。

社会保険は130万円を超えると加入しなければなりませんが、そうなると手取りが減る、夫の扶養から外れる、夫の扶養手当がなくなる場合も。

130万以上でも社保に加入させてくれない企業も中にはあるから気をつけて。
その場合は自分で国保加入になるので注意!

そのためまだもう少し社会保険の加入は見送りたい、せっかく103万から150万までに配偶者特別控除が増えたのだからこのギリギリで抑えたい場合におすすめ。

収入も130万の社保ありだと、保険料で手取りが年間18万ほど違ってきます

社会保険に加入すると月額手取りが1万5千円ほど減るかな
130万まで社保なしのメリット
  1. 配偶者特別控除が受けられる
  2. 社会保険料が引かれない
  3. 時間的に仕事がまだ楽
  4. 夫の扶養内
  5. 扶養内なので夫の扶養手当がある場合も
130万まで社保なしのデメリット
  1. 貰える年金額が減る
  2. 夫の扶養手当がなくなることもあり
  3. 収入はそれほどない(10万円位)

年収130万なら月額で108,333円程度。

そのためもし夫の扶養手当がなくてもこの位毎月あればよい、配偶者特別控除があればいい、まだ社会保険の加入は避けたい場合におすすめ。

130万位までがパートでいるのにメリットがあるギリギリラインかなぁ

年収130万~150万で社保加入ありのメリット・デメリット

夫の扶養を外れても扶養手当もないし、将来年金も増やしたいから社会保険が欲しい、子供も大きくなってきたので仕事を増やしたい人におすすめ。

子供も大きくなりそれなりになんでもできる年齢になった、習い事などお金も掛かるからもっと収入を増やしたい場合、社会保険料は掛かっても、そろそろ働き方を考えていきたいころですよね。

メリット・デメリットをみてみるとこんな感じ。

130万~150万社保有りのメリット
  1. 配偶者特別控除が受けられる
  2. 年金の貰える金額が増える
  3. 収入を増やしていける
  4. 夫が国保なら少し安心
130万~150万社保有りのデメリット
  1. 仕事の時間が増える
  2. 130万くらいなら微妙なライン
  3. 夫の扶養から外れる
  4. 夫に家事の協力が得られにくい

この年収130万~150万円のラインは、130万で社会保険料などをひかれると手取りが扶養内で働く場合と余り差のない金額になるため、しっかり働きたい場合は150万以上を狙うつもりで働くことをおすすめします。

また勤務時間が増え6時間位になっても、フルタイムでないため夫に家事協力の理解が少ないことも考えられます。

そろそろ子供も大きくなったし、働きたいと思う人におすすめ。
パートでも正社員を狙えるような業種や先を考えて仕事を見つけたい所

150万以上稼ぐフルタイムパートのメリット・デメリット

年収130万~150万までは配偶者特別控除がつきますが、150万円を超えると収入によって段階的に減っていきます。(150万の壁というやつです)

150万まではギリギリ貰えるラインでしたが、減っても将来を考えてこの先収入を増やしていきたい場合にはおすすめ。

150万以上から課税があっても、年収が増えていくラインだよ

子供に掛かるお金が増える、正社員になりたい、自分自身もちゃんと仕事を持ちたいなどスキルUPを目指す時に狙いたいゾーン。

社会保険を払い将来の年金額を増やしていきながら、家計も増やしていく環境が整えばしっかり稼いでみたいもの。

このゾーンのメリット・デメリットはこちら

150万以上で働くメリット
  1. 年金の貰える金額が増える
  2. 収入を増やしていける
150万以上で働くデメリット
  1. 仕事の時間が増える
  2. 家事や育児の負担が増える
  3. 配偶者特別控除が減額になる

ここまで来るともう夫の扶養などは考えずに、しっかり働いていくことをおすすめします。

ちなみに年収が201万を超えると、もう配偶者特別控除はありませんが、収入が1万円増加するごとに家計収入が約8798円増加していくそうです。

仕事が増える分、家事などの負担や不安を家族で話し合うことも必要だよ
130万扶養内ならパート、それを超えるなら正社員を狙っていきたい分岐点かも

フルパートと正社員 同じ仕事なのに違いは?

年収が150万を超えてくるとフルタイムのパート=フルパートになり正社員とほぼ同じ仕事をしている人も多くなります。

フルパートも正社員もあまり変わりはなく違いは雇用形態。

年収も待遇もかなり違いますから、フルパートなら正社員になった方が得です。

フルパートは正社員と同様の優遇が受けられるようになりましたが、どうせなら雇用安定や収入面から考えても正社員を目指したいもの。

 

私がフルパートの時、正社員と同じ様な仕事をしていても、給与は手取りで6~7万違っていました。ボーナスもないし大損です。

会社はフルパートの方が給与安くていいし、使いやすいんだよね

そんな中フルパートにも待遇の面で優遇されすくなりましたが、所詮パートなんですよ。

平成27年4月よりパートタイム労働法が改正し下記の場合、パートでも介護休暇、育休、産休の取得ができるようになりました

・職務内容が正社員と同一
・人材活用の仕組みや正社員と同一

ざっと年収による働き方の考えや、メリット・デメリットをお届けしましたが、なんとなくは解っても、実際どの位収入が減るのか増えるのかは夫の収入や雇用形態、子供の数などで違います。

夫やあなたの収入増減を計算できるサイトがありますので、どんな感じになるのかをシュミレーションしてどの働き方が一番しっくりくるか考えてみてください。

 

では次に実際正社員とパートではどのくらい収入面で差があるのかを見てみますね。

いつから正社員で働こうか?ずっとパートのままでいいかな、などの判断基準にしてください。

パートと正社員の給与差の違いはどのくらい?

パート 正社員 給料 差パートと正社員の給与差って大きい?

パートと正社員の給与差ですが、年収だと約2倍以上の違いがあります。

下記の表は正社員のボーナスを入れていませんし、昇給や退職金がある会社もあるので、もう少し差がでますが、生涯パートだと約6,000万以上の差があります。(実際は1億以上の差になるといわれています)

パートと正社員だと生涯年収の平均っは1億以上の差があるんだね

フルタイムパートと正社員だと働く時間は同じなのに、約3,000万以上の差になり、凄く損な気持ちになりますよね(昇給やボーナスなどを入れるともっと差があるハズ)

雇用形態 月収 年収 40年試算
パート 時給900円で5時間=9万円
(扶養内)
108万 4,320万
フルタイムパート 時給900円で8時間
=14万4千円
172万8千 6,912万
正社員 月給8時間:20万円 240万 9,600万

ここから更に考えて欲しいのが、65歳になった時に貰える年金額。

人生80年の時代になり、退職したあとも約20年ほど生活しなければなりません。

仕事の収入だけでなく、老後の年金もパートと正社員では影響があるんだよ

60代でも70代でも働く人が増えましたが、夫婦が80歳までに必要な金額は3,000万以上だといわれています。

そのため生涯パートだと貰える年金額も低く、金額差はこの様な感じに。

雇用形態 月収 年金額
パート 時給900円で5時間=9万円
(扶養内)
老齢年金65,000円のみ
厚生年金  なし
フルタイムパート 時給900円で8時間
=14万4千円
老齢年金65,000円と
厚生年金33,000円の合計額
正社員 月給8時間:20万円 老齢年金65,000円と
厚生年金47,200円の合計額

まず夫の扶養内で働いていると国民年金のみになるため、厚生年金はありません。

また今回フルタイムのパートは社会保険に加入しているとみなして計算していますが、もし加入していない場合はナシです。

フルタイムパートなのに社会保険加入がないと将来損するよ

フルタイムのパートと正社員を比較すると1ヶ月に約1万5,000円程の差があり、パートと正社員の給与額の違いは働いている間の収入だけでなく、老後にも大いに関係してきます。

ここでは大まかに計算しましたので、もしあなたがパートから正社員に変わり社会保険に加入して厚生年金を支払う事になった場合、おおよその年金額を計算したい場合は下記のサイトが簡単でわかりやすくておすすめ^^

そのためパートと正社員の給与の違いはその先の老後にも関係してきますので、この事もよく考えて決めてくださいね。

まとめ

パートと正社員のメリット・デメリットや、年収を考えた時、どう働いていくとよいか?

そしてパートと正社員は老後の年金額など、仕事だけではなく、色々な所に影響がでてくると実際やはり悩みます。

「正社員とパートのどちらがいいのかな・・」と。

 

答えは簡単にでないかも知れません。せっかく正社員で働いても色々な原因でやめざるを得ない事もあるでしょう。

しかし女性がパートか正社員を選ぶかに正解はありません。

子供と収入のどちらかを取るのは、ほんと難しい選択だからです。

 

やってみないと解らないこと、やったから解ることも沢山あります。

経験しながら最後はあなたがどうしたいのか?という気持ちが一番大事です。

 

ずっとこの先も同じ所で働くとも限りません。

ただ未来を作れるのは自分です。

 

そのためには資格を取ったり、パートでも先が見えそうな業種で働いてスキルをつけたり、仕事を減らす分家計のダイエットにチカラを入れてみたりと、先を考えてやれること考えられることがきっとあるハズです。

この先も子供が大きくなった時、介護が必要になった時、まだまだ仕事に関しての選択は続きます。

悩むこともありますが、あなたがこれで良かったんだと思える働き方でいいのです。

女性の社会進出といわれても、実際に子供と家事、仕事をこなすには、まだまだ社会が整っていません。

悩みは多いですが、ちゃんと将来を考えて決めていけば例え躓いても方法はいくらでも見つかります。

 

違う選択にすればよかったと思う場合もありますが、その時は軌道修正すればいいと割り切って家族も大事だけれど「あなたがどうしたいのか」を考えてみてくださいね。

関連記事