仕事

正社員からパートの転職で後悔しない!なりたい自分を探す考え方

正社員 から パート 後悔

ワーキングマザーでも男性でも、何かの事情や問題があり正社員からパートに転職する事もありますよね。

そんな中パートになって後悔しないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

また良く考えて決めた結果でも、「本当にこれで良かったのか?」と迷うし後悔で気持ちがモヤモヤすることもあります。

 

今回は正社員からパートになる前に後悔しない考え方、後悔してしまった時の対処法など、あなたの出した答えに「これでよかったんだ」と思える方法をお届けします。

正社員からパートになりたい理由は?

正社員 から パート 理由まず初めにパートから正社員に変わりたいと思ったら、なぜ変わりたいか?の理由を考えてみましょう。

いっぱいいっぱいの時はどうしても色々なことが見えなくなってしまいます

まず冷静に自分の気持ちや環境など、考えれることを洗い出してみることで頭の中をクリアにすると、見えなかった原因や解決策、あなたのホントの気持ちが見つかることがあります。

 

そして次に正社員からパートに変わった場合に得るものと失うものを考えてみます。

理由は人は失ったものが手に入れたものよりも大きい時に後悔をするからです。

 

例えば考えてみてください。

大好きだった彼氏と別れた後、次の彼氏がお金持ち&イケメンで優しくあなた好みだった時、前の彼氏の事は思い出すけれどそこまで別れた事に後悔しませんよね?

でも次に付き合った彼氏が、冷たくて話を聞いてくれない、何だかいつも寂しいとなった時に、あなたは前の彼氏の方が良かった・・なんで別れたんだろうって思わないでしょうか?

 

だから正社員からパートになった時に、何を得ることが出来て何を失うのかを考えてみてください。

そしてあなたがパートになったとしても、失ったものより得たものが大きかった場合は後悔することは少なくなります。

まずは理由と得るもの失うものを洗い出してみよう

正社員からパートになった時に得るものは何?

正社員 から パート に なりたい正社員からパートになった場合得るものは人それぞれ違いますが、一般的に多くの人が得るものは、下記にあるように時間と心の余裕です。

パートになって得られるものは?
  1. 子供との時間
  2. 夫婦との時間
  3. 心の余裕
  4. 家族との会話
  5. 子供の安心感
  6. イライラしない自分
  7. 家計見直しのスキル
  8. 健康的な生活
  9. 美味しいご飯

他にも色々ありますが、時間と心の余裕は”もの”ではないので価値が分かりづらいですよね。

たとえば時間や心の余裕から得られることは、下記のようなこともあります。

得られるメリットは?
  1. 残業からの激務
  2. 精神的な苦痛
  3. 責任の重さからくるプレッシャー
  4. コトバにならないストレス
  5. 朝早い出勤による睡眠不足
  6. 長い通勤時間
  7. 満員電車によるストレス
  8. 付き合いたくない会社のお付き合い
  9. 子供が病気になった時の心の痛み
  10. 休みを取る時の冷たい視線
  11. 毎日時間に追われる辛さ
  12. イライラしている自分

時間と心の余裕は、夫婦の会話が増えたり、毎日イライラしていたのが嘘の様になくなった、家にいることが多くなり子供が安心し笑顔が増えた。

毎日時間に追われてご飯もお惣菜、家はめちゃくちゃだったけれど手作りするようになり、子供が料理や家事の手伝いに興味を持ち出した。

 

夫にも子供が病気の際は休んで貰っていたが、負担がなくなることで精神的に安定し優しくなった。

激務の夫を気遣う余裕ができた。

自分に精神的な安心感が持てるようになり、ずっと出来なかったけれどやっと妊娠した。

 

など家族構成や生活形態によって手に入れられる結果は違いますが、パートになることで時間と心の余裕から得られるメリットは、思った以上に色々あります。

ただ厄介なのはパートになって得られる時間と心のメリットって、与えてくれるものは大きいのですが目に見えないので実感しにくいんですよね。

そのため実は得ているものが多くても、気づきにくいこともあります。

 

では次に失うものはなんでしょうか。

正社員からパートになった時に失うものは何?

正社員 から パート 後悔正社員からパートに変わった時に、失うものって何でしょうか。

細かく探すと色々あると思うのですが、大きく別けると収入・仕事・正社員の立場です。

パートになって失うものは?
  1. 収入
  2. 将来の年金
  3. 仕事
  4. 働きたかったなという気持ち
  5. 自分のスキルUP
  6. 信頼性
  7. 正社員という立場

収入が減るとやはり生活ができるのかな?と不安になりますよね。

またボーナスの時期は正社員が羨ましくて仕方がないと思うこともあるでしょう。

このままパートだったら将来貰える年金で生活できるのかな・・など悩みがでてきます

 

そして転職する場合は仕事も失い、パートになることで正社員としての立場も失います。

次、正社員の仕事は見つかるのかな、見つからなかった時後悔しないだろうか、年齢的に大丈夫なのか・・など考える事は多いですよね。

 

パートになり失うものに対して、あなたがどう思っているのか?をしっかり考えることで、変わっても後悔しないかが少し見えてきます。

 

正社員からパートに変わるのは簡単です。

変わってしまってから後悔するのも辛いので、先にしっかり考えておくと◎

 

正社員からパートになることで、失ったものより得られるものの方が大きければ”後悔”と思う気持ちは和らぎます。

そのため変わりたいと思うなら実際失った場合あなたはどう思うか、対策や考えがあるのかもなども少し深呼吸して考えてみましょう。

 

後悔するってことは失ったものへの未練が大きいから起こるワケです。

そのため失うものに対して、どう思っているのか?も少し考えていきます。

失ったものへの対策

正社員 から パート に なりたい正社員からパートになることで失うものは色々あると思うのですが、多くの人が後悔する下記の3つを考えていきます。

まず正社員からパートになることで、多くの人が失い後悔するものは下記の3つ。

パートになって後悔するものは?
  1. 収入
  2. 仕事
  3. 正社員の立場

これをどう考えていくかみていきますね。

収入やボーナス・年金などのお金

正社員からパートに変わると減ることが多いお金。まずは変わることでどの位減収になるのかを考えます。

そしてその減った分を、正社員からパートに変わることでカバーできることはないか?を考えてみましょう。

例えば家庭環境などでも違いますが、下記のようなことが考えられます。

他にも今の生活で「もし◯◯してみたら?どうなりそう?」など自分に今の生活で変えてみれそうなことがないか質問してみてください。

収入減をカバーできる対策はある?
  1. 食費の削減(お惣菜⇒手作り)で減らせるか
  2. 外食の頻度は多くないか?
  3. ストレスでどのくらい買い物してるか
  4. 車の使用を廃止したら?
  5. 保険の見直しはできそう?
  6. もし引っ越すとしたら
  7. 保育所から幼稚園に変えてみたら?
  8. もしもっと楽な仕事に転職したら?

そして削減できそうなことがあれば、減ってしまう分との差額を考え、やれそうかどうかをぼんやりと考えてみてください。

きっちり細かく考えてもいいのですが、実際その通りになるとは限りません。

「なんとかなりそうかな?」くらいでいいので、家計の収入と支出の見直しをしてみてください。

ここで色々考えて家計が火の車にならなければ、収入面では後悔も少なくなります

意外にパートになって支出が減りプラスになる人も多いよ

やりがいや転職で仕事を失う

正社員 から パート 後悔正社員からパートに変わることで転職する場合と、今の会社からパートに変わる場合との2通りが考えられます。

転職する場合は、仕事を失うと不安が大きくなってしまい後悔しやすくなりますので注意が必要です。

 

まず転職する時に考えて欲しいのが給与額です。

今の給与額は他や求人サイトなどと比較した時に、低いのでしょうか高いのでしょうか?

もし比較して給与額が高い場合、それ以上の給与額の仕事が将来見つからなければ後悔する可能性はありませんか?

 

そのためまず給与額を冷静に考えてみて、これ以上の給与額の仕事がこの先見つけにくい場合はよく考えましょう。

家事ができなくて苦痛ならサービスを頼む、通勤時間が掛からない所へ引っ越す、何か負担を少しでも取り除ける方法がないか考えてみてください。

意外にあなただけが悩んでいて、夫や子供、両親に相談したら思ってもみなかった答えが返ってくる可能性もあります。

 

そして他よりも給与額が低い、パートや派遣でも時給がいい求人が沢山ある、探せば今以上の会社や同じ位の給与の求人が多いなら、同等の仕事や就職先が見つかるか計画を立てましょう。

業種や地域によっても違ってきます。

例えば介護職なら探せば結構見つかりそう、などありますよね。

同じ会社で正社員からパートに変わる

正社員 から パート 同じ 会社パートに変わる場合、転職しないで同じ会社で正社員からパートに変わる事もできますよね。

その場合は次のことを考えてから決めても遅くありません。

同じ会社からパートに変わる時に気をつけること
  1. 収入が下がるだけで仕事量は同じではないか?
  2. 残業は減るのか?その際時給で残業代がでるのか?
  3. 周囲との摩擦は起こらないか?
  4. 社会保険など無くならないか?
  5. 結局休みにくいのは同じではないか?
  6. 社内の雰囲気や制度はいいのか?
  7. ボーナス時期嫌な思いにならないか?
  8. パートでも有給はあるのか?
  9. 今の会社は通勤時間が苦痛ではないのか?
  10. 正社員の給与額に問題はなかったのか?
  11. パートになっても正社員に戻れるのか?

せっかく正社員からパートに変わっても同じ会社の正社員だった場合、仕事量が減らず月給が時給に変わっただけ、なんてことにもなりかねません。

また残業も時給としては支払いがあるものの、仕事自体減らない場合も。

残業がなくても早く帰ることで、社内で嫌な顔をされるのも辛いですよね。

 

元々働いていた所だけにパートになることで起こる弊害、会社の就業規則で不利になる場合もありますので、色々調べ考えた上で決めてください。

本当は正社員のまま時短勤務などが気軽にできればいいのですが・・今の社会では難しいですよね。

 

社内の仕事量や雰囲気なども影響しますので、同じ会社でパートになる場合は色々な面から考えてみてください。

自分に仕事のしわ寄せが来て先に帰られるのを見ると、不満をぶつけてくる人もいますしね。

 

また同じ会社で正社員からパートに変わる場合は、会社によっても違いますが、有給は持ち越されたり、書類だけで変われるなど比較的簡単な手続きで終わる会社が多いです。

思ったより簡単に手続きが終わる分、後悔しないようにしてください。

正社員としての立場

正社員 から パート 後悔

正社員からパートに変わった場合、次に正社員として働くことが難しいかもという不安が大きい場合、ホンネは正社員のままでいられるなら居たいと思う人が多いです。

この場合、再就職を考えた時に仕事が見つからないと、後悔が大きくなります

 

そのため再就職できそうなのか?も少し考えておいてください。

パートになっても時間と心の余裕ができると、また正社員で働きたいと思う事もあります。

あんなに嫌だったのに、やめて負担が無くなるとやっぱり仕事している時の方がやりがいがあったなど、変わりたいと思っているときには考えていなかった気持ちがでてくるものです。

 

そんな時に正社員として再就職できるのか?もし簡単でないならどうすればいいのか?なども考えてみてください。

例えばこんな感じのことなど、何か無いか探してみてください。

正社員での再就職はできそうか?も考えてみる
  1. 資格を取る
  2. 興味のある分野のパートで潜り込みスキルをつけておく
  3. 専門職だからパート求人も多く時給が高いので問題なし
  4. 求人の多い業種で働いている
  5. 空いた時間、在宅ワークなどでスキルを磨く
  6. 興味ある短時間パートを掛け持ちして考える
  7. 正社員の再雇用制度が会社にある

何も考えなしに変わってしまうと、やはり後々「やっぱり変わらなきゃ良かった」と思ってしまいますので、再就職できるかどうかの対策も考えておきましょう。

自分が今後どうしたいのか?を考えるいい機会になるかも知れません。

 

では最後にちゃんと考えたけれど結果として後悔することになった、すでにやめてしまって後悔している場合の考え方をみていきますね。

正社員からパートに変わり後悔したときの考え方

正社員 から パート 後悔後悔って初めの方に例えで出したように、今の現状が決断した時の状況より良い状態なら起こりません。

でも後悔しているということは、「やめなきゃよかった」と思う何かが心の中や環境で起こっているワケですよね。

後悔しない考え方は「今の状況をよりよいものに変える」これが後悔から抜け出せる一番の近道です。

ではこの気持ちとの向き合い方を考えていきますね。

 

まずあなたが選択した結果は、間違いではありません。

あの時の状況であなたなりに考えて出した結果であり、その時は変わるという選択が一番ベストだったハズ。

人は選択の連続ですが、どちらを選んだから正解不正解ではなく、選んだ結果をどう変化させていくのか?変化させて元の状態より良くしていくにはどうすればいいのか?を考えて生きていく必要があります。

過去には戻れないので、未来をどう変えるべきなのかを考えます

 

過去に目を向けてしまうと後悔しか考えれませんが、「今」に目を向けると自分が持っているものに目が向きます。

そして今持っているものの中から、あなたが望む未来にどう生かすのか?

今持っている環境や条件から過去の良かった状態以上にするには、どんな方法が考えられるでしょうか?

 

後悔は過去の自分にもっと色々な方法や考え方、選択肢があったからこそ起こります。

「もっとこうしていればよかった・・」と。

では同じように今のあなたの状態も、もっとこうした方が良いという選択肢があるハズです。

たぶん毎日後悔している今の自分の状態は望んでいませんよね。

 

今後悔しているのは、思っている人生になっていないからですよね。ではこの先どうすればいいなと思える人生になりますか?

後悔は今のあなたの状態が満足するものになっていない限り、この先ずっと起こります

 

今は後悔しているけれど、良かった幸せだなって思える未来はどんな状態ですか?

未来を変えることで、今の後悔はきっと変わります

 

例えば正社員がしんどくてパートに切り替えました。

そして今思ったより仕事が好きだった、やりがいがあったし変えなきゃよかった。収入も減ったし、もうこのまま正社員になれないんじゃないかな・・と思って後悔してるとします。

ふと周りをみたらボーナスがでてウキウキしている、プロジェクトに参加していい仕事している人をみてガックリしているあなた。

そんな時、興味があり勉強し始めたWEBデザイン。

たまたま知り合いの所で人が足りなくて土日手伝い、そのまま空いた時間少しお手伝いすることに。スキルを磨いて会社を紹介してもらい正社員になることができ、給与が元の会社の倍の45万になりました。

ということが起こった時、多分今の後悔は「あの時パートを選んで良かった」という気持ちになっていないでしょうか?

 

これは例えなので「実際そんな風にうまくいかないよ」と思うかも知れません。

しかし使ったものは、今あなたが得ているもの(状態)から生まれたことです。

パートで時間が出来たから、興味があったWEBを始めた。そこから人との出逢いがあり、違う人生が見えた。

これはパートになって得た「時間」を使って未来を変えていますよね。

ずっと時間に追われた正社員だと出来なかったことかも知れません。

 

後悔から脱出するには、今を変えなければならないので時間が掛かることもあります

 

しかしこんな風に人は選択をしながら人生を歩んでいき、思った結果でなければ「後悔」、そして今できることから何かを始め、過去よりいい人生を作っていくことで「成功」という名前に変わります。

そのため今後悔しているなら、未来を今よりよい「成功」に変えていくしかありません。

後悔ばかりの人は今より悪い状態をずっとループし続けているから、後悔から抜け出せないだけです。

 

あなたが「今」をどう使うかによって、過去の「後悔」なんていくらでも変えられます

そのために今あなたが考えなければならないこと、やらなければならない事ってなんでしょうか。

 

人生で起こる選択の判断はどちらも間違いではなく、結果そこからどう変えていくか?の繰り返しです。

でももし選択を誤ったと思うなら、ここから前より良くなる方法はどんなことがあるだろうか?と考えてみてください。

 

今後悔している「過去の自分」を継続して得られる未来より、今から作る未来の方が良いものを掴んでいるかも知れませんよ。

そう思える様に今を考えて生きると、この先後悔があっても立ち止まり「今よりいい未来はどうやったら作れる?」と考えれば、あとはその後悔を成功に変えるだけです。

だから大丈夫です。これからの人生まだまだ選択しなければならないことは沢山あります。

その時にどの道を選んでも、あなたはもう後悔からどうやって乗り越えるかのコツを掴んだハズです。

だから今後悔して良かったのだと思い、次に進んでください。

まとめ

正社員からパートに変わる時って、本当に悩みます。

ワーキングマザーにとって一度パートに戻ると、次正社員の仕事がみつかるのか、どうして自分だけが家族のためにこんな思いをしなければならないのか・・。

誰にもいえない色々な思いがありますよね。

 

でもそんな中でも後悔せずにあなたらしく生きていけるようにしっかり考えること、もし後悔しても「今」よりもっといい「未来」を手に入れる考え方があれば、人生はなんとかなっていくものです。

お金や仕事も大事ですが、本当はどうしたいのか、どうなりたいのか、そのためにはどうすればいいのか?など考えることで未来は変えていけます。

 

簡単ではないこともありますが、一度だけの人生です。後悔しても未来が上手くいけばいいという気持ちが大切です。

肩の力を抜いて深呼吸して前に進みましょう!

 

今回も読んで頂いてありがとうございました。後悔しても立ち上がりあなたが良かったと思える人生になればいいなと思います。

関連記事